ワーケーションコンシェルジュ

和歌山はワーケーション発祥の地。和歌山県が日本の自治体として初めてワーケーションに取り組み始めたころから、TETAUは共にワーケーション事業に取り組んできました。
地域の企業や取り組みを支援するTETAUだからこそ、地域との深い関わりのワーケーションプログラムを作ることができると考えています。

ワーケーションコンシェルジュは、
●都市部における事業課題(SDG’s、CSV、ダイバーシティ、持続可能性など)
●地域における事業課題(人口減少、創業支援、イノベーションなど)
●地域の資源(世界遺産、日本農業遺産、第一次産業など)
●テレワークをはじめとするICT
を研修して身に付けたメンバー。

地域の子育て世代や介護世代、療養中の方や障害を持っている方など、フルタイムで働けないメンバーも仕事としてジョインしています。

ワーケーションコンシェルジュをご利用いただくことで、
●地域に仕事を創出する
●地域の資源を掘り起こす
●地域課題に焦点をあて、解決に向けて動かす
ことが可能になります。

TETAUのワーケーションプログラムについては「地域をてたうワーケーション」をご覧ください。

ワーケーションコンシェルジュができること

●zoomを用いた事前ヒアリング
●滞在プログラムのご提案
●滞在先のご提案
●食事のご提案
●地域との交流イベントの企画
●宿泊・交通の手配(南紀白浜エアポートからのご提供となります)

これまでの実績
●日本能率協会ホールディングス  ワーケーションプログラム
●日本能率協会マネジメントセンター 事業部ワーケーションプログラム
●UFJ銀行様 グリーンツーリズム体験のご提案